Voiceお客様の声

今までずっとがんばってきた自分をやっと認められるようになり、自分が大好きになりました

わたし自身がすでに素晴らしいんだ。
これから自分の人生を幸せに生きられるんだ。
といつのまにか信じられるようになっていました。
我が子たちにも無条件の肯定的なまなざしをむけることを意識していたら
長女にもいつのまにかできるようになり
今本当にそのままの彼女を認め愛せるようになりました。

コーチングスクールご感想:A・Hさん(4児のママ)

●ママコーチングスクールにご参加を決めた理由は?
仕事のストレスからか家では子どもたちにガミガミ怒り、そんな自分をダメな母親だと責めている毎日でした。
どんな関わり方をしたらいいのかたくさん学んで、頭ではわかっているのに出来ないと何年も悩んでいました。
特に長女は他の兄弟と比べるとかわいいと中々思えずにいて、そんな自分をまた責めて…の繰り返しでした。

このままでは子どもとの関係が更に悪くなってしまうからなんとかしたい。
また自分の人生をもっともっと幸せに生きたい。
フルタイムの仕事を頑張るご褒美として、ずっと学びたかったコーチングを学ぶためにスクールに入りました。
●実際参加されて、いかがでしたか?
どの内容も本当に素晴らしくて選べません!
全てが必要なものだったと思いますが
タイムラインを歩いた時
過去の自分を本当の意味で受容することが出来たと感じました。
そこから自分責めが一気に減りました。
自分が自分の味方になる、というのを体感しました。

またヒーローインタビューも「自分の中に本当はこんな夢があるんだ!」
と自分にワクワクした感覚を今でもはっきり蘇るくらい覚えています。
夢がいくつもあって、そしてわたしならきっと叶えられる!と強く信じられるようになりました。

一番効果があったと思うのは
コーチたち3人がいつも無条件の肯定的なまなざしをつねにわたしたちスクール生に向けてくれて
それがわたしの中に内在化したことだと思います。

わたし自身がすでに素晴らしいんだ。
これから自分の人生を幸せに生きられるんだ。
といつのまにか信じられるようになっていました。

それはコーチたちがわたしを信じてくれたから。
もうこれが全てだと思います。

そしてここで出会った仲間たち、先輩たち。
もうみんな大好きでみんなの幸せをずっと祈っています。
人の幸せを喜べる自分になれたことが本当にうれしいです。
●特に大きな変化を教えてください
半年間、たくさんチャレンジしました。
よう子さんに初日に言われた
「今日から半年間コーチとして生きて」という力強い言葉で
つねに「コーチとして生きる」
という言葉が胸にあるように心がけました。

ただ話を聞いているだけで、相手の方が勇気づけられたと言ってくれたり
我が子たちにも無条件の肯定的なまなざしをむけることを意識していたら
長女にもいつのまにかできるようになり
今本当にそのままの彼女を認め愛せるようになりました。
そして、これからもずっと愛し続ける。
ずっと良い関係でいられると強く信じられています。
これは長女が赤ちゃんの時からその育てにくさに悩み続けていたわたしにとって大きな大きな変化です。

振り返れば、大変な時も辛いと感じたこともありましたが
「本当はわたしはどうしたい?」
と自分に問えるようになっていました。
自分を責めることが本当に減りました。
毎日振り返りをするのが日課になりました。
良いところをみつけるのが本当に上手になりました。
今までずっとがんばってきた自分をやっと認められるようになり、自分が大好きになりました。

子どもたちに1分コーチングを続けていたら
子どもたちから、
今日ママは何が楽しかった?と聞いてくれるようになりました。
4歳でもそう言ってくれるんです。
これからコーチングをとりいれた子育てができるので本当に楽しみです!

7ヶ月前に描いていた受講後の望む姿は
いつのまにかほとんど叶っていました!
●どんな方にこのスクールをおすすめしたいですか?
子育てに悩んでいる全てのママに受けてほしいです!
この3人のコーチに出会えば、必ず変化があります!
キラキラと輝くダイアモンドのようなよう子さんが思い出させてくれます。
あなた自身も、すでにキラキラと輝くダイアモンドだということを。
愛川にメッセージがありましたら自由におかきください
よう子さん本当にお世話になりました。
たくさんスクールがある中で、よう子さんから学べたこと。
たくさんの愛を注いでくれたこと。感謝しかありません。
わたしは
わたしの出会った親子は幸せになる!
そんな先生になります!

最終日にタイムラインで
孫たちや、かつての園児たちが大人になって自分の子どもを連れてきてたり
たくさんの子どもたちに囲まれてすごしているおばあちゃんになったわたしに会いました。
孫のひとりが
「これ、おばあちゃんがかいた本なの?」と絵本を持ってきたり
他の孫が「これ、おばあちゃんの人生が書いてあるの?」と小説を持ってきていたので
わたし、絵本と小説を書くんだと思います!

また10年後のタイムラインでは夫と森の中にレストランを開いていました。
夫が料理をふるまい、わたしはコーチングセッションをしている。

来てくれた人たちが美味しい料理とあたたかい言葉で幸せになって帰っていく。
そんな場を提供していたので、これも叶えられると思います!
実現したらぜひいらしてください!
こんな風にたくさん夢を描けるようになったのも
よう子さんが全身全霊で幸せに生きる方法を教えてくれたから。
本当にありがとうございました!
これからもたくさんのママたちを幸せに導いてください。
ずっと大好きです!

 

 

こんにちは、愛川よう子です。

 

ホームページにご訪問いただき、ありがとうございます!

 

私の詳しいプロフィールはこちらからご覧ください。